7月1日から7日まで「全国安全週間」(6月は準備期間)です

7月1日から7日までの間、

エイジフレンドリー職場へ! みんなで改善 リスクの低減

をスローガンとし、「全国安全週間」が実施されます。

 

改正「職場における新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するためのチェックリスト」について

5月に新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言が解除されはしましたが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するためには、事業者・労働者の皆様が、職場内外での感染防止行動の徹底について正しい知識をもっていただき、引き続き、職場や職務の実態に即した対策に取り組んでいただくことが重要です。改正「職場における新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するためのチェックリスト」により職場の実態をご確認いただき、事業者・労働者の皆様がすぐにできることを確実に実施いただきますようお願いします。

【参考】職場における新型コロナウイルス感染症予防対策を進める上でのポイントを解説する動画教材(31分28秒)(制作:独立行政法人労働者健康安全機構)

 

「高年齢労働者の安全と健康確保のためのガイドライン」(エイジフレンドリーガイドライン*)について

高年齢労働者の就労が一層進み、労働災害による休業4日以上の死傷者のうち、60歳以上の労働者の占める割合が増加すると見込まれる中、

高年齢労働者が安心して安全に働ける職場環境の実現に向け、事業者や労働者に取組が求められる事項を取りまとめたものです。

パンフレット「高年齢労働者の安全と健康確保のためのガイドライン」(エイジフレンドリーガイドライン)

*エイジフレンドリーとは「高齢者の特性を考慮した」を意味する言葉で、WHOや欧米の労働安全衛生機関で使用されています。